【栃木・那須】サンタヒルズオートキャンプ場

今回ご紹介するのは、かっこいいツリーハウスとサンタさんの家が子ども心をくすぐる、栃木県・那須郡のオートキャンプ場「サンタヒルズ」です!
初めて行くことに決めた日は、ネットで申し込んだ後に前金をお支払いするので、 「本当によかったのか、あとで気が変わらないかな」と不安がよぎったものでした。

ですが、実際に行ってみるとわが家には合っていたようで、

「大規模イベントとか、アスレチックとか、ハイジブランコとかないけど」

「那須といえば大人気のあのキャンプ場みたいな完成度とは違うけど」

「標高がそんな高くない?のか、さむーいほど涼しくもないけど」

―――ってけどけど、いうけど
よくよく考えたら、そういうのって特になくてもいっか。
なんだか高規格追いかけすぎてたわぁ。ほしいなものはこのキャンプ場、十分そろってるわぁ。
って気づき、
なんか本来のキャンプ道に戻ってきたきたぞーって感じで、あっという間にファンになっちゃったキャンプ場です。

ツリーハウスが有名だけど、区画サイトもある!

栃木・那須 サンタヒルズ ツリーハウス
サンタヒルズ サンタさんの家

サンタヒルズ サンタさんの家

ちなみにここサンタヒルズは、ツリーハウスやサンタさんの家、それと友人2家族とか、親戚ぐるみで使えそうな多人数用コテージが人気のキャンプ場です。
さらに林間サイトと平地の広々サイトの2種類、テントエリアも用意されてまして、
そんなわけで我々は林間サイトを使ってオートキャンプを楽しんできました。

この記事を書きながら、検索をかけてみるとなかには「汚れ」「虫」が気になる、というコメントがちらほら見えましたので、なるべく主観を交えずにレポートしますと、

現地は山なので、野外は虫が出ます。

子ども達はクワガタ取りに夢中になっていましたし、実際クワガタ、見ました、いました!

そのほかついでにハエもいます。

なので、女性陣は虫よけのため、ネットを熱望するわけですが、8月に行ったところ今年は熱暑でもあり、あと標高もそんなでもないのか(田んぼも近くでやってます)、風が弱いとネット内のリビングに風が入らず、結論、日中暑かったです。。。

ネットをとると、蚊取り線香を焚いても範囲が広すぎて煙が散るので万全ではなく、スピードの速いアブが刺して(噛む)ので、虫との闘いが断続的にあります。

8月気温は自宅とほぼ同じか。
林間はノークーラーでギリいける

栃木・那須 サンタヒルズの林間サイト

虫問題はこれは季節も夏だし、仕方ないのかな。

10月頃に行った時には冬装備もっこもこじゃなくてダイジョウブでしたし、寝袋もダウンをプラスしなくて済みました。

真夏は、暑い(そりゃそうーだ)、避暑としてはやや厳しめ。なんとかクーラー無ではやっていける。ということをお伝えしておきましょう。

ポジティブシンキィンで考えると、普段着でオッケーなキャンプ場です。(やまってほど山じゃない)

半袖・短パン・足出してくるぶし丈の靴下、足元はスニーカーでオッケー!!
真夏、これ真夏の8月の話ですからね! 気温のチェックは行く前にちゃんとしておいてくださいね。

庶民派キャンプにグッド、セレブキャンプはどーかな。。。

そして虫の面もありますが、グランピングを期待している方には、おススメは難しい、と思うところです。

キャンプ場のテイストとして、高規格高規格!とにかく高規格!のハイグレードキャンプ場とはコンセプトが違うんじゃないかな。

ここは、昔ながらのキャンプ場、にたぶん近いほう(はじめたの、ここ数年だから昔がよくわかんないけど)。

ツリーハウスはおしゃれだけど、どっちかというと、ワイルドだぜぇ、野宿を楽しもうぜぇ!ってワードが似合うキャンプ場、と感じています。だから・・・

サンタヒルズは、キャンプにちょっと慣れてきてキャンプそのものをじっくり楽しみたいなー! って人にぴったりのキャンプ場、と言いたいです(主観ですよ)。

いわば、キャンプ初心者を卒業!より野外を楽しむというかな(^^

ただ、このサンタヒルズは、トイレはきれいで臭わないから、そこは不安がらないでほしいです。

見た目は手作り感満載ですが、勘所はしっかり押さえてあって、「トイレオッケー!」と嫁+娘のダブルオッケーが出ています。
ぼっとん、じゃなくてちゃんとした水洗トイレですし。
ちなみに娘は蛾が入っていると、トイレには入れないタチ。そんな娘から、トイレ内は虫は無し!というお墨付きのオッケーになりますんでね。
手洗いには石けんもありますし、水場は台所ふきんもステンレスシンクでゴミ箱設置してあって、ほかの高規格キャンプ場とくらべても遜色ない、きれいなトイレ・台所と思います。

夏キャンプ・那須という選択をしたらサンタヒルズはアリ

ところで真夏のサンタヒルズを今回選んだ理由ですが、

山梨が取れなかった。。。という悲しい現実もありますが、実際問題、夏の日程が今回忙しく、近くがいいなーと思ったことも、大きな理由だったりします。

 近い!っつっても、那須っしょ!? ぜんぜん近くないよ(”^ω^)・・・
そんな声もごもっとも。
なにせ東北道でいうと、宇都宮ICの先に絶対くる、渋滞といえばの「矢板IC」の先にあるのが「那須」ですからね!!
距離的な面もそうだし、渋滞があるので車を運転する時間もけっこう長くなりがちです。


ところがですね、サンタヒルズの場合、那須といっても矢板の先まで行かなくてもいーんです

というのは、那須ICからは所要30分、宇都宮ICから45分目安ということでしてね。
そんなわけで、
15分の差なら、無理して矢板の先まで行かず、宇都宮で下りちゃいましょうー (提案)
そうすれば、高速道路の渋滞と、出口から続く那須恒例の渋滞の、ダブル渋滞にはまらなくて済むってわけなんです。

つまるところ那須といっても、あっちまで、つまり矢板の先まで行かなくて済むので、「近い」。
わが家は毎度、最初から最後まで一般道ですが、激混みの那須IC付近まで行かないので、毎回すいすい行けています。

さらに高速を使ってる皆さんに恐れずお伝えしたいのですが、むしろ宇都宮ICで下りたほうがいいと思うのです。
なぜかって?

だって、そのほうが、いいことあるから!!(経験者の本音)
なんといっても、道中で大変充実した、道の駅に立ち寄れるのですよっ。
コンビニも結構あるし、
渋滞中「パパぁ、トイレ行きたい・・・」のやりとりも回避できます。子ども+嫁に「とりあえず徒歩でトイレあるとこまで歩いて」って路肩を歩かせる最悪の事態を回避できます。これって心理的にもかなり楽です。
なにせ、宇都宮からの一般道は、いつ行っても普通に流れてますのでね。

道中、道の駅「喜連川」に寄り道して川遊び!

東北道の宇都宮ICを下りる、もしくは初っ端から下道をいく(あ、これうちだ)
という方は、途中に出てくる「道の駅、喜連川」にぜひぜひ立ち寄ってください。
ここ、隣の荒川で、なかなかいい川遊びができます。
整備されている「川の公園」があるから、小さい子でもダイジョウブ。
砂場もあるし、あと「鮎小屋」がね、8月には出ていてここで食べる炭火焼きの鮎の塩焼きが堪らないうまさなのです。
おっと、ビールは我慢ですよ!!
我慢できないひとは、包んでもらってキャンプ場にお持ち帰りしてー!
そんでもって、
天ぷらもおいしいから、一緒に包んでもらってー!

野菜も、肉も、牛乳もなんでも揃ってる道の駅なので、わが家はここで食料品を仕入れます。
あと、足湯が無料であるので、ここにも寄っちゃう。
至れり尽くせりですわ~。疲れが飛びますぜ!

サンタヒルズはキャンプ生活らしいキャンプ生活ができるとこ

そんでもってサンタヒルズは、 なんか静かー

なのも気に入ってるポイントです。

スピーカーを使ったイベントが無いので、山の中でゆーっくり自然キャンプ生活を送りたい人には良いかと思います。

ちなみにイベントが無いわけでなく、モノづくりのイベントなどありますので、ご心配は無用。
サイト内を走り回ったりする、大掛かりなものがないってだけで、想い出づくり(お土産ともいう)はバッチリできます。
ちなみに、うちの子は本を読んだり、わんこの世話をして、家とおんなじ風に過ごしています。

よそのサイトの小さい子たちは虫探しをしたり、フリーで使えるハンモックで遊んだり、無料のプール(コストコで売ってるような直径3メートルくらいのやつ)でバシャバシャ過ごしていました。

バス風呂は食わず嫌いしないで、入ってみて

栃木・那須 サンタヒルズ バス風呂

時々TVのツリーハウス特集で、ちらっと出ることもあるサンタヒルズなんですが、
ここのツリーハウスは、すっごい立派!です。
木の上にどーんとあります。これは憧れですよ。

ただわが家は犬がね、おっきくて、上がったあと下りれるか?問題と、予算問題と(これが一番でかいかな)、予約問題(これもでかかった)で、一度も入ったことがありません!(ふんぬっ)

まぁ、テントありますんでね、キャンプしたいですし、使わなくちゃね。
そんなわけで、木の上の明かりを、いつも羨ましく思っています。

さてさて、サンタヒルズ一番のお楽しみをご紹介してませんでしたね。
それは、予約制のバス風呂!!

このバス風呂がなにかって、それは・・・

バスの中を改造して、脱衣室と浴室、でっかい湯舟を作ってみたらできちゃったよ! 
ってな感じの、手作り感が半端ないお風呂なんです。

この バスのなかがお風呂! という破天荒っぷりが、もう気分爽快。
湯船のお湯は かけ流しで豪快です。

鍵を借りてバスに入ると、まず最初に「思った以上にきれい!」な脱衣場が登場。
ドライヤーもちゃんとあります。

小さな階段、いや段差?いや?から、これまた小さな扉を開いた先に入れば、体を洗うスペースとたっぷんたっぷん湯が張られた湯船とご対面です。

なかに入ると、思ったより深い。
自宅の浴槽より20cmは深いでしょうか。

湯船は広く、はしっこに捕まって、バタ足ができそうなほど(お湯がもったいないから加減して!)
たっぷりなお湯に入ると、これが気持ちいいのなんのって、ふぅー(^ω^)・・・。
ほっかほかに温まります。

さぁ、子どもがどんな反応するかというと、まぁー、えー、ご想像のとおり!

こども、メチャメチャはしゃぎまくり!

これはもう、裸で遊ぶアトラクションだと、そう思います。
手作り感満載で、しかもぎりぎり使えてる感がなんとも良くて、「がんばりすぎなくても、だいじょうぶなんだなー」と、メッセージを受け取るような。

とにかく個性的なお風呂です。

予約した前の人の後に入ることも順番なのでありますが「お湯、汚れない?」って気になります・・・?
その点は、ジャブジャブにお湯が継ぎ足されているので、汚れが浮いていることはなく自分はぜんぜん気になりませんでした。

見た目がオンボロバスなので、どーなの?と嫁も心配していたわけですが、いざ入ったら娘と「意外ときれい」と面白がってたので、良かった良かった。

ただ、こういう公衆浴場的なものに免疫がないというか、生理的にダメで受け付けないという方いるかもしれませんね。
そういう方にはこのキャンプ場のお風呂設備は逃げ場がないので、場外のお風呂やさん(温泉とかね)をあらかじめ探してあげてほしいと思います。

バス風呂が取れなかったときは、シャワーってわけで

栃木・那須 サンタヒルズ 林間サイトにあったキノコ

もしもバス風呂の予約が取れなかった、もしくはどうしても入りたくない・・・
そんなあなたに残されたお風呂といえば
でました!200円シャワーしかないのだからー!

「いーじゃんいーじゃん、バリッバリの完璧度じゃなくても、ちゃんと使えるよ、それだって完成のひとつ!」
って、胸を張っている(ような声がどこからか聞こえる)200円シャワー室は、なんですかね、たとえると海の家シャワーに近いでしょうか。

隣のシャワー室とは完全に分かれた個室になっていてシャンプー・ボディシャンプー完備です。

200円で数分(たぶん5分?)間、お湯が出ますが、時間が切れると水になる部屋と、時間がきれると水もぴたっと止まる部屋の2種類あります。
どっちになるかは、おたのしみ。
これが楽しめるようなら、サンタヒルズのキャンプライフは全然オッケー。楽しめるに違いありません。

わが家の200円しかもっていかなかったおとぼけ女性陣は、2人で大急ぎで交代で入ったそうです。
そんでも「すこし時間あまった」と言っていましたから、人間2分くらいでお風呂って終われるんですね。。。いや、ちょっと、ちゃんと洗えてんのかなオイ。

ドライヤーはシャワー室となりの洗面コーナーに電源がありましたが、使っていない(でました!自然乾燥)のでよくわかりません!夏だから、短髪ならドライヤーなくてもオッケ!

とにもかくにも、

「温かい水が出るって、まったくこんなシアワセってねーな」

しみじみ思いましたねぇ。

はてさて、ここで絶対食べてほしい、パンの事を書きたいのですが、深夜になりましたので本日はここまで。 続きと写真はまた後日。 おはぎパパでした。

サンタヒルズから行ける那須の遊び場はこちら ↓
【栃木・那須】サンタヒルズキャンプ場の場外遊び-温泉神社とぷるんぷるん
那須のサンタヒルズでキャンプをしたときに、遊びにでかけた那須らへんがおもろ楽しかったので、書き残そうと思います。那須といえば、ファミリー牧場...